岡崎南ロータリークラブ

 ■■■ OKAZAKI MINAMI ROTARY CLUB ■■■
  TOP
  クラブ紹介
  クラブの創立
  クラブの歩み
  クラブの概要
  本年度会長方針
  役員・理事・委員会構成表
  年間スケジュール
  スケジュール
  活動報告
  例会場ヘのアクセス
  お問い合わせBOX
  会員専用データベース
〒444-0052
愛知県岡崎市
康生町515-33
岡崎ニューグランドホテル
2階
TEL:0564-84-5779
FAX:0564-84-5799

本年度会長方針
2021年−2022年 高橋賢司

この伝統ある岡崎南ロータリークラブ第58代会長を拝命いたします高橋賢司です。このクラブに28年在籍し、多くのメンバーと知り合い、様々な奉仕活動に身を置き、楽しく意義ある時間を過ごさせていただきました。せめてもの恩返しにと会長職をお受けしましたが、この輝かしい歴史と伝統、そして今日に至るまで素晴らしい奉仕事業を成し遂げて来られた先輩諸兄を見るに付け、畏敬の念を禁じ得ないのと同時に、2021〜2022年度を受け継ぐその重責に身の引き締まる思いです。

2021〜2022年度シェカール・メータRI会長は「奉仕しようみんなの人生を豊かにするためにServe to change lives」をテーマとしました。我々ロータリアンには奉仕を通じて自分以外の誰かを幸せにしたり、豊かにしたりするポテンシャルがあります。その奉仕を実践し、その誰かが笑顔になった時、我々は最上の喜びを感じ、自らの心も豊かにすることができるのです。だからシェカール・メータRI会長は「みんなの人生を豊かにする」と表現しています。

2760地区沓名俊裕ガバナーは「チェンジロータリー 新時代への成長に!」をテーマとしコロナゼロ・カーボンゼロ支援」を重点活動としました。これを推進するためにゼロバッジを全会員に配布し認知度アップと公共イメージ向上に役立てる予定です。

思い返してみますと2020年当初から始まった新型コロナウイルス感染拡大は世界規模に広がり、私共も様々な事業の中止を余儀なくされ、例会自体もこの1年半の間に5ヶ月間休止するという前代未聞の事態となりました。奉仕の機会を奪われ、会員同士の交流や親睦の機会も失われ、停止と言わないまでもすべての活動が減速状態に追い込まれました。 この現状を踏まえ、今年度の方針を次の通りとします。

当り前を取り戻そうそしてニューノーマルを創り出そう

当り前のことですが例会をはじめとするクラブ行事を出来る限り通常開催します。“face to face"が大原則だと考えています。特に例会に集うことは会員相互の親睦と友情を深め、そして刺激しあうことで自己啓発を促し、結果として奉仕の心を育む場です。十分な感染防止措置を講じ開催に最大限注力します。しかしながら全ての不安を取り除くことはできません。例会出席を見合わせる会員向けにはリモート参加を可能とするなどニューノーマルな例会の在り方を模索し施策を進めます。

委員会活動を支援します

例会に次ぐ会員の交流の場が委員会です。委員会を開催し大いにその役割を話し合ってください。委員会はクラブを活性化し、会員同士の絆を深めます。また委員会単位であれば制約も少なく、出来ることも増えると思います。開催を促すためにクラブとしてもできる限り支援を行います。是非委員会単位での活動を推進してください。

会員増強に全員で取り組みます

当クラブが持続可能で更なる高みを目指すためにも会員増強は不可欠です。シェカール・メータRI会長も「each one, bring one 一人が一人を入会させよう。」とメッセージを発しています。特定のメンバーや組織団体からの勧誘に留まらず、すべてのメンバーの幅広い視野で我々の同志を見つけだす必要があります。またコロナ禍のような大きな禍は過去にも大きな変革を引き起こしてきました。今まさに新たなメンバー獲得の最大級のチャンスが到来しています。なかなか会員増が進まない現状をメンバー全員で分析しそれを解決して岡崎南RCの良さを皆で共有し、誇りをもって新入会員の勧誘に臨みましょう。

コロナ禍の今だからできる奉仕を見つけよう

志賀会長年度に行った岡崎市への体温計の寄贈は地域のみならず我々の心にも大きなインパクトを与えました。コロナ禍で何もできないと思っていた奉仕を、コロナ禍だから出来る奉仕に転換した素晴らしい奉仕事業だったと思います。公的な援助さえ受けられずに置きざりにされ困窮している方々が私共の身近にいるかもしれません。そんな方々へ奉仕の手を差し伸べようではありませんか。

クラブバナー
クラブバナー